整形外科のアウトカム一覧のダウンロードはこちら

シーバー病(踵骨骨端症)に対する理学療法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は小児疾患であるシーバー病についての
病態や理学療法内容についてお伝えします。

シーバー病とは

シーバー病(踵骨骨端症)とは反復するアキレス腱の牽引により踵骨骨端部に
痛みが出現します。

ランニングやジャンプが多いスポーツに症状が出やすい
いわゆるオーバーユース症候群の一つです。

病態としてはオスグッド病に似ているかもしれません。

2013  藤原憲太 Sever病 小児臨床より引用

シーバー病の症状とは

主には踵の痛みが主訴です。

症状が強い場合は歩行時痛運動時痛に加えて安静時にも痛みを
伴うケースもあります。

検査方法

・One-leg heel standing(片脚での踵上げ)
症状がある側で踵上げをして再現痛を評価します

・Squeeze Test
踵骨を圧迫して再現痛を評価します

こちらがSqueeze Testの検査方法です。

Calcaneal Squeeze Test

理学療法の内容

アイシング

症状が強い場合はアイシングをして炎症管理をします。

ストレッチ

踵骨への牽引力を減らすために下腿三頭筋足底腱膜
ストレッチを行います。

テーピング

踵骨への負担を減らすためにテーピングは効果的です。
即時的に痛みが改善するケースもあるため試してみても
いいかもしれません。

Lifecare Trainers Series – Severs Taping

インソール

踵骨アライメントを評価して踵骨の回内や回外を修正するような
インソールを作成することで踵骨への負担を減らしたり、
衝撃を吸収する役割があります。

また、補高することでアキレス腱への緊張を緩和させて
踵骨への負担を減らすことも有効です。

患者教育

痛みがある時期は運動を禁止するよう指導しましょう。
また炎症管理ではアイシングの徹底など患者自らが
痛みをコントロールできるように指導します。

まとめ

今回はシーバー病に対する病態や治療内容をお伝えしました。


痛みが落ち着いても、運動再開により再発するケースもあるため
再発予防のための運動療法も重要となってきます。

引用文献
  • James AM el al. “Effectiveness of interventions in reducing pain and maintaining physical activity in children and adolescents with calcaneal apophysitis (Sever’s disease): a systematic review”. Journal of foot and ankle research. 2013
  • 藤原憲太.Sever病(踵骨骨端症:calcaneal apophysitis).小児臨床. 2013

コメント